Posts by 1702

電子版『パーソナルトレーニング』27号の掲載記事

6月 20th, 2018 Posted by パーソナルトレーニング 0 thoughts on “電子版『パーソナルトレーニング』27号の掲載記事”

『マッスル・アンド・フィットネス』2018年7月号の掲載記事

6月 4th, 2018 Posted by マッスル・アンド・フィットネス 0 thoughts on “『マッスル・アンド・フィットネス』2018年7月号の掲載記事”

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年7月号(6月10日発売)

■今月号の特集は、過去最高の体を手にするための8週間プログラム、「2018ロックハード・チャレンジ Part1」です。毎年、趣向を変えてお届けする、本誌恒例のプログラムの2018年版は、筋肉づくりの効果の高いエクササイズを、脂肪燃焼効果の高い強度のサーキットトレーニングで行う手法をとっています。本気で打ち込む覚悟が求められるチャレンジングなプログラムです。
■今月号からスタートする新シリーズ、「一つの器具でトレーニングする」の1回めは、「プレートだけで行う3種類のルーティン」です。しっかりと鍛えたいが、時間も器具も不足している……。そんな悩みを解決するシリーズ企画です。第1回の今回は、高強度でファンクショナル(機能的)な動きが強化され、プレート1枚だけで全身の主要筋群すべてが強化される方法を紹介しています。
■広い肩、細く絞り込まれたウエスト、筋量豊かな脚。そんな強く大きく、たくましい「X」字のような体形をさすのが、「Xフレーム」という言葉です。筋肉がしっかりとついて引き締まった、流れるような美しいラインを持ち、さらに圧倒的な筋力も発揮できる体。「“X-メン”の体をつくる」では、そんな体をつくるボディパート別プログラムとともに、トレーニングのポイントを解説しています。
■男子フィジークプロ、ニーマイ・デルガドは、「生まれてから一度も肉を口にしたことがない」ベジタリアンです。動物性たんぱく質を摂らなければ大きな体はつくられない。そんな通念を変える存在として注目を集めるデルガドの取り組み、そして完全菜食主義で初のオリンピア出場をめずざすトレーニングと食事法を「菜食主義で素晴らしい体をつくる」で紹介しています。
■世界的大ヒットを放ち続けるマーベル映画の最新作、『デッドプール2』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場するジョシュ・ブローリン、セバスチャン・スタン。現実を超えるスーパーヒーローを演じるためには、それにふさわしい、ファンの期待を裏切らない体が求められます。「スーパーヒーローの体をつくる」では、この2作品出演に向けたブローリン、スタンそれぞれの体づくりのプログラムを、トレーナーの解説ともに紹介しています。
*  *  *
そのほか、1日をパワフルにスタートし、体づくりを支える朝食のアイデアレシピ(「おいしさと栄養バランス 朝食の三つ星メニュー」)、筋力強化をグループトレーニングで行う新たな手法「TPSメソッド」はじめ、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。

『マッスル・アンド・フィットネス』2018年6月号の掲載記事

5月 1st, 2018 Posted by マッスル・アンド・フィットネス 0 thoughts on “『マッスル・アンド・フィットネス』2018年6月号の掲載記事”

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年6月号(5月10日発売)

■今月号の特集は「引き締まった体をつくる10のベストエクササイズ」です。エキスパートが推奨する10種目はコアに強烈な刺激を与えるもの、複数の側面から多角的なアプローチで体に負荷をかけるものなど、いずれもユニークでチャレンジングな動作ばかりです。表紙に登場する男子フィジークプロ、アントン・アンティポフがモデルを務め、ユニークで効果の高いエクササイズとともに、それらを組み入れた4週間プログラムを紹介しています。
■スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどは筋肉づくりの重要種目ですが、そうしたエクササイズの成果をあげるために欠かせない役割を果たしているのが、小筋群といわれる部位です。これらの筋群の働きによって、体を安定させ、ケガを防き、パフォーマンスを高めることができるからです。こうしたサポートシステムの役割を果たす筋群を鍛える動作、その重要性について解説しているのが「ターゲットはパフォーマンスを陰で支える小筋群」です。
■筋肉がしっかりとついて引き締まった、圧倒的な筋力を発揮できる体。そんな体をつくる方法を紹介するのが、「筋力(Strength)、サイズ(Size)を増やし、体脂肪を落とす(Shred)、『S3』プログラム」です。体重60kgで、ギアなしスクワット257kg超の世界記録を持つチャンピオンリフター考案による、筋肉づくりの3つの目標を同時に達成するプログラムです。
■「10分間高速・高強度ルーティン」は、時間がないという言い訳無用のプログラムです。スーパーセットなど高強度テクニックを活用した5種類のルーティンについて、最短時間で効率的に鍛えるトレーニング方法を紹介しています。
■シンプルな器具ながら効率的に体を鍛え、高い効果が得られるとして人気を集めるケトルベル。筋力、パワー、柔軟性を高める、脂肪燃焼をうながして体を引き締めるなど、多様な効果を持つことがトレーニングのエキスパートたちからも高く評価されています。「ケトルベルを使いこなすための5種類のプログラム」では、初心者から上級レベルまで、このシンプルな器具のメリットを最大限に活かすための取り入れ方を解説しています。
■引き締まった体をつくるためには、やみくもな取り組みが逆効果になってしまうことがあります。「体脂肪燃焼を加速するための18のカギ」では、体脂肪を効果的に落とすための方法をトレーニング、栄養摂取、サプリメント摂取面から紹介しています。科学に裏付けられた18のアドバイスです。
*  *  *
複数の筋群を働かせるエクササイズのメリットを解説する「複合エクササイズの複合的な効果」、フィットネス界のスーパースター、マイク・オハーンが語る成功のカギ(「タイタンの知恵」)、そしてフィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」や、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。

電子版『パーソナルトレーニング』26号の掲載記事

4月 23rd, 2018 Posted by パーソナルトレーニング 0 thoughts on “電子版『パーソナルトレーニング』26号の掲載記事”

『マッスル・アンド・フィットネス』2018年5月号の掲載記事

4月 2nd, 2018 Posted by マッスル・アンド・フィットネス 0 thoughts on “『マッスル・アンド・フィットネス』2018年5月号の掲載記事”

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年5月号(4月10日発売)

■今月号の特集は「2018M&Fスターターズガイド」です。主に初心者に向けたプログラムを紹介していた従来の「スターターズガイド」と異なり、2018年版はより大きな目標にチャレンジするためのプログラムをお届けしています。「引き締まって筋肉のついた体をつくる」「筋力を高める」「障害物コースレースに挑戦する」の3つのプログラムを、トレーニング、栄養摂取の重要ポイントとともに紹介しています。
■仕事やその他の事情から、予定していたようにトレーニングができなくなる……。そんな問題を抱えている人に特にオススメしたいのが、「効率重視で驚くべき成果をあげるHDTプログラム」です。時間を効率的に使う週3日の短時間高強度インターバルトレーニングによって、筋肉のついた、引き締まった体をつくるとともに、体力・健康状態も高める6週間プログラムです。
■トレーニングの定番種目にバリエーションを取り入れ、成果をさらにあげていくシリーズ。1回め(前号)はラットプルダウンでしたが、2回めの今回は、スクワットです。バックスクワットに代わる6つのバリエーション種目を取り入れ、“エクササイズの王者”の効果をしっかりと得るための方法とプログラムを紹介しています(「もっと活用したいスクワットの6つのバリエーション」)。
■「パワーリフティングメソッドを取り入れたチャレンジプログラム」で取り上げるのは、一般的な筋肉づくりのトレーニングにパワーリフティングのメソッドを組み入れたハイブリッドスタイルのルーティンです。全米屈指のパワーリフティング・ジム、ウエストサイド・バーベルクラブのメソッドを取り入れたハードな取り組みで、筋サイズ・筋力に大きな成果を得る6週間プログラムです。
■ハードに鍛えれば筋肉づくりの成果が約束されるわけではありません。トレーニングは成長を引き出すための“前段階”であり、実際に筋肉がつくられていくのはトレーニングを終えてからの過程です。この重要な過程を適切に進めていくためのポイントを、「トレーニング後におかしている9つの誤り」で解説しています。
■トレーニングに対する意欲を高めるには、ただ気持ちを鼓舞するだけではうまくいかない場合もあります。「モチベーションアップの30の方法」では、効果が実証されているテクニックのなかから、筋肉づくりに役立つ30のアドバイスを取り上げ、活用法を紹介しています。
*  *  *
そのほか、筋肉づくりに取り組む人の難題を解決するための「成長しにくいボディパートを成長させる5つの方法」や、ライアン・レイノルズはじめ50人にもおよぶハリウッドセレブの体づくりにあたる「ハリウッドのカリスマトレーナー、ドン・サラディノ」の記事。スポーツニュートリションの革新と期待される「新開発の必須アミノ酸サプリメントが筋肉づくりを飛躍させる」という最新の栄養科学の記事、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」や、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。

『マッスル・アンド・フィットネス』2018年4月号の掲載記事

3月 2nd, 2018 Posted by マッスル・アンド・フィットネス 0 thoughts on “『マッスル・アンド・フィットネス』2018年4月号の掲載記事”

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年4月号(3月10日発売)

■めざすところに筋肉をつけ、引き締めたい部位はしっかりと絞り込む。今月号では、そんな念願の体を手に入れるプログラムを紹介しています。「頭から足元まで全身を完璧に鍛える」と題した、全身を理想的なバランスで鍛え上げる6週間プログラムです。さらには筋肉づくりに関わるホルモンの反応やコンディション、健康全般も高めるなど、さまざまなプラスの効果ももたらすプログラムです。
■サプリメントを活用するカギはいうまでもなく、正しく使うことですが、意外とこの点がおさえられていないことが多いといいます。「体脂肪減少を加速させる5つのベストサプリメント」では、脂肪燃焼サプリメントの基礎知識を整理し、正しく利用するためのポイントを解説したうえで、ベストとすすめられる5つのサプリメントについて解説しています。
■いろいろな事情から、ジムでトレーニングできない。そんな場合に役立つプログラムを「自宅でもできる6種目のサーキット」で紹介しています。ダンベルやケトルベルなど最小限の器具とわずかなスペースだけで、全身をしっかりと効果的に鍛えることができるプログラムです。
■トレーニングにはバリエーションを取り入れることは成果をあげていくための鉄則です。エクササイズの種類を変えるだけでなく、動作方法にわずかな変化を取り入れるだけでも筋肉に与える刺激が変わり、サイズや筋力向上を引き出す効果が得られます。今月号では背中の定番種目、ラットプルダウンを取り上げ、6つのバリエーション種目を紹介しています(「1種目を6つのバリエーションで鍛える:ラットプルダウン」)。
■「パーフェクトボディをつくるためのボディパート別アプローチ」では、米トレーニング界で高い評価を集める10人のエキスパートが推奨する、エクササイズやトレーニングのポイントを解説しています。
■インスタグラムの発展はフィットネスの世界を大きく変え、新たなスターや体づくりに踏み出す人たちを生んでいます。「“インスタ映え”する 逆三角形の体をつくる」では、そんなインスタグラムが生み出したスターの一人、IFBB男子フィジークプロ、セルジ・コンスタンスの成功例を取り上げ、コンスタンスのような素晴らしい上体をつくるカギを解説しています。
*  *  *
そのほか、マシーントレーニングを最大活用する「スミスマシーンで全身のボディパートを鍛える」や、「おいしくてパワフル! 筋肉づくりを楽しむスムージー」、「インスタグラムで67万人のフォロワー:フィットネスエキスパート、バレンティナ・ルクーの生活」はじめ、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」や、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。

電子版『パーソナルトレーニング』25号の掲載記事

2月 20th, 2018 Posted by パーソナルトレーニング 0 thoughts on “電子版『パーソナルトレーニング』25号の掲載記事”

『マッスル・アンド・フィットネス』2018年3月号の掲載記事

2月 5th, 2018 Posted by マッスル・アンド・フィットネス 0 thoughts on “『マッスル・アンド・フィットネス』2018年3月号の掲載記事”

 

 

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年3月号(2月10日発売)

■「体づくりの成果をあげるためには最低でも1時間以上を要するような完璧なプログラムで行う必要がある」──そんな考えを持っていると、トレーニングを諦めてしまいがちになります。しかし実際には、わずか10分のトレーニングで十分に効果を得ることが可能です。今月号の「最強10分間プログラム」では、全身のコンディショニングから特定のボディパートのレベルアップ、可動性向上など、10人のトップトレーナーが作成した、全身をさまざまな方法で鍛えるプログラムを紹介しています。
■「日単位波状ピリオダイゼーション」とはセット数やレップ数、重量といったトレーニング要素をセッションごとに変え、筋肉に常に新たな刺激を与えて成長を引き出すテクニックです。このテクニックを活用して成果をあげるプログラムを、「日単位波状ピリオダイゼーション 胸に新たな刺激を与え続ける」で解説しています。
■かつては“女性のエクササイズ”のようなイメージを持たれていたピラティスが、今やMLBやNFL、NBAはじめトップ・プロスポーツのアスリートたちのトレーニングに取り入れられています。コアに新たな刺激を与え、パフォーマンスを高めるピラティスメソッドを、「パワーピラティス」で紹介しています。
■「トレーニングの成果をあげる27の高強度テクニック」は、トレーニング強度を上げるために用いられる27の方法について解説した高強度テクニックガイドです。筋肉に強烈な刺激を与えて追い込み、大きな成果につなげるためのテクニックの数々です。
■連載「『このルーティンが効く!』レベルアップ編」で今回取り上げるのは、上腕二頭筋です。超高レップでセットを延長するテクニックなど、定番のトレーニングを刷新し、現状を打破するルーティンを紹介しています。
■トレーニングに熱心に取り組んでいても、成果のあげにくい部位が現れてくるのはよくあることです。この問題点の解決に役立つテクニックを取り上げているのが、「弱点の強化に威力! 筋優先法」です。成長の遅れたボディパートを強化し、全身をバランスよく鍛え上げるためのテクニックです。
■「2018年、最高の体をつくるための18の方法」では、今月号の表紙を飾るIFBBフィジークプロ、ライアン・テリーのような体をめざす18の秘訣を紹介しています。トレーニングから栄養摂取、回復まで、体づくりを成功させるためのカギとなるアドバイスです。
*  *  *
そのほか、米カレッジフットボール界で大注目を集めた大学チームに関する記事、「弱小フットボールチームを大変貌させた戦略」や、過酷な世界で生き抜くカギを語る「トップ・スタントウーマンの世界」、栄養摂取を成功させる「超簡単! 15分マッスルクッキング」、そしてフィットネスの最新の話題・注目の情報などをお届けする「TRAIN」「EDGE」「EAT」はじめ、トレーニング、栄養・サプリメント摂取などに関する役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。

 

 

 

電子版『パーソナルトレーニング』24号の掲載記事

12月 27th, 2017 Posted by パーソナルトレーニング 0 thoughts on “電子版『パーソナルトレーニング』24号の掲載記事”

『マッスル・アンド・フィットネス』2018年2月号の掲載記事

12月 26th, 2017 Posted by マッスル・アンド・フィットネス 0 thoughts on “『マッスル・アンド・フィットネス』2018年2月号の掲載記事”

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年2月号(1月10日発売)

■今月号では、前号で紹介した「大幅サイズアップへの新たなアプローチ:8週間ピリオダイゼーションプログラム」のパート2となる、後半4週間のプログラムをお届けしています。筋力強化、コンディショニング向上効果もあるハードなプログラム。後半の4週間ではウェイトを増やし、さらに強度が上がります。
■プログラム作成の要素のなかで、ウェイトやセット数、レップ数などに比べ、休息時間は軽視されがちです。しかし、プログラムのほかの要素は変えず、休息時間を戦略的に短縮する方法をとり、サイズ、筋力を高め、脂肪燃焼も強化することができます。「休息時間の新戦略」で、その方法を解説しています。
■「2種目、30分以内で成果をあげるプログラム」は、時間をムダにせず、できるだけ効率的に鍛えたいという人に最適のプログラムです。1回のセッションで行うのはわずか2種目のみ、30分以内というトレーニングで成果をあげる、“経済効率”の高いトレーニングです。
■「筋肉を全方位から鍛える『スモールアングル・トレーニング』」は、1セッションの各エクササイズをごくわずかの変化をつけながら行うというメソッドです。筋肉をさまざまな角度から鍛えることの重要性について、その理由とともに、具体的な取り入れ方を解説しています。
■連載「『このルーティンが効く!』レベルアップ編」では大腿四頭筋をターゲットに、経済学でいわれる「80:20の法則」を適用したプログラムを紹介しています。4種目の基本エクササイズのみで最大の成果を得る、効率的なルーティンです。
■2017年のスポーツ界でもたくさんの感動的なパフォーマンスが繰り広げられました。「『マッスル・アンド・フィットネス』誌が選ぶ2017年スポーツ&フィットネス界の話題」では、そのなかから米M&F誌が厳選した17の話題を取り上げ、紹介しています。
■今月号の表紙を飾るのが、ボディビル界の新たなスター、クリス・バムステッドです。で取り上げているボディビル界の新たなスターです。2017年クラシック・フィジーク・オリンピアでは僅差で2位入賞。才能あふれる22歳の新鋭についての記事が本文中でも紹介されています(「クリス・バムステッド クラシック・フィジーク界に現れた超新星」)。
*  *  *
そのほか、2017年ワールドストロンゲストマン優勝のエディ・ホールが自らの過酷なトレーニングについて語る「世界最強の男はいかにして生まれたか」や、フィジーク競技チャンピオンが体づくりのトレーニングのカギをアドバイスする「40歳で生涯最高の体をつくる」、そしてフィットネスの最新の話題・注目の情報などをお届けする「TRAIN」「EDGE」「EAT」はじめ、トレーニング、栄養・サプリメント摂取などに関する役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。