トレーニングは、自分のカラダとの対話。
そこには常に新しい発見がある──。
そんなコミュニケーションのお手伝いを
させていただければと、考えています。

月刊『マッスル&フィットネス』

健康で活力あふれる体をつくる!

月刊『マッスル・アンド・フィットネス』は、アメリカ発・世界40カ国で出版されている世界最大級のメジャー・フィットネス誌です。
フィットネス先進国アメリカの最新情報を中心に、科学的根拠に基づいたトレーニング法、正しい食事の摂り方などの情報が満載です。
健康で活力あふれる体を自分でつくりあげる「フィットネスライフ」を提案しています。

電子版『パーソナルトレーニング』

講習会数本分以上の中身が詰まっています!

アメリカではこの20年ほどの間に確立されてきたパーソナルトレーナーという仕事が、いま日本で急速に広がりつつあります。体づくりを中心としたフィットネスをクライアントに対して「1対1」の関係で指導(サポート)する新しいプロの仕事です。そして、急速に広がるなかでいま必要とされているのが、指導の現場で活用できるプロの“仕事術”です。『パーソナルトレーニング』は現在パーソナルトレーナーとして一線で活躍するプロの仕事をさまざまな角度から取り上げ、紹介していきます。これからパーソナルトレーナーを目指す人にとっても役立つ、プロの仕事を身につけるための情報をお届けします。

単行本のご紹介

一般向けから専門分野まで

スポーツのパフォーマンスを高めるため
筋力トレーニングを合理的に行うため
腰痛をトレーニングで改善するため‥‥‥

などなど、トレーニング関連のさまざまな単行本も発行しています。最新刊は、上記の『世界のトップアスリートの身体能力を子どものときに身につける』(森川靖著)です。

本のご購入は、オンライン書店で

当社の雑誌・書籍のご購入については
Amazon、Fujisanがおすすめです。

『マッスル・アンド・フィットネス』最新号から

モビリティーと安定性を高めるための最高の5つの種目
“マッスルドクター”ことジョーダン・シャロウのがすすめる、体の安定性を高め、痛みを低下させる5つのエクササイズ

“マッスル・ドク(ドクター)”のニックネームで呼ばれるシャロウは、認証カイロプラクターであるだけでなく、パワーリフター、起業家でもあり、スタンフォード大学ラグビー部のストレングス&コンディショニングコーチも務めている。
ホッケーに加え、ラクロスや水泳、陸上競技と、さまざまなスポーツを行ってきたシャロウは、その15年にわたるスポーツキャリアで、数多くのケガも経験してきた。そして数多くのケガを乗り越えてきた経験から、シャロウは自分のトレーニングだけでなく、患者のプログラムでも、モビリティーを高めることと、安定性を向上させるエクササイズに重点をおいている。シャロウが特に重視している種目、そして「自分が今もトレーニングを続けられているのは、このおかげ」だといっているのが、ここであげているエクササイズ(ヒップ・エアプレイン、ボトムアップ・プレス、ウィンドミル、ウォーキングランジ、シングルレッグ・ルーマニアン・デッドリフト)だ。いずれも体と動きの安定性を高めることに重点をおいたエクササイズだ。
(2019年11月号)

『パーソナルトレーニング』最新号から

“気づき”の力が、プロとしての能力を飛躍させる

トレーニング指導の方法をマニュアル化するすることはとても便利な反面、欠点もまたあります。それは、マニュアル化だけでは対応しきれないことが、常に(いろいろと)出てくるからです。
マニュアル化だけでは不足するものをどのように補っていけばいいか? そのためにプロとしてクライアントにどのように向き合い、どうのような能力を高めていけばいいか?
前号に引き続き、中野ジェームズ修一氏にお話をうかがいました。(34号/2019年8月)

有限会社あほうせん

〒156-0043
東京都世田谷区松原6-23-12 2F

電話 03-6379-2510
FAX 03-6379-2588

SOCIAL MEDIA: