トレーニングは、自分のカラダとの対話。
そこには常に新しい発見がある──。
そんなコミュニケーションのお手伝いを
させていただければと、考えています。

月刊『マッスル&フィットネス』

健康で活力あふれる体をつくる!

月刊『マッスル・アンド・フィットネス』は、アメリカ発・世界40カ国で出版されている世界最大級のメジャー・フィットネス誌です。
フィットネス先進国アメリカの最新情報を中心に、科学的根拠に基づいたトレーニング法、正しい食事の摂り方などの情報が満載です。
健康で活力あふれる体を自分でつくりあげる「フィットネスライフ」を提案しています。

電子版『パーソナルトレーニング』

講習会数本分以上の中身が詰まっています!

アメリカではこの20年ほどの間に確立されてきたパーソナルトレーナーという仕事が、いま日本で急速に広がりつつあります。体づくりを中心としたフィットネスをクライアントに対して「1対1」の関係で指導(サポート)する新しいプロの仕事です。そして、急速に広がるなかでいま必要とされているのが、指導の現場で活用できるプロの“仕事術”です。『パーソナルトレーニング』は現在パーソナルトレーナーとして一線で活躍するプロの仕事をさまざまな角度から取り上げ、紹介していきます。これからパーソナルトレーナーを目指す人にとっても役立つ、プロの仕事を身につけるための情報をお届けします。

単行本のご紹介

一般向けから専門分野まで

スポーツのパフォーマンスを高めるため
筋力トレーニングを合理的に行うため
腰痛をトレーニングで改善するため‥‥‥

などなど、トレーニング関連のさまざまな単行本も発行しています。最新刊は、上記の『世界のトップアスリートの身体能力を子どものときに身につける』(森川靖著)です。

本のご購入は、オンライン書店で

当社の雑誌・書籍のご購入については
Amazon、Fujisanがおすすめです。

『マッスル・アンド・フィットネス』最新号から

パワーリフティングで大きく機能的な筋肉をつくる
マックスを更新し、筋肉づくりに役立てるパワーリフティング入門レベルの10週間プログラム

ボディビル競技では、基本的な審査基準はあっても、最終的には審査員の主観的な評価が勝敗を分けてしまう。
それに対してパワーリフティングは明確だ。選手が上げた重量によって順位は決まる。規定にしたがってどれだけの重量を上げることができたか、勝敗を決めるのはそれだけだ。
ボディビルでもパワーリフティングでも、成果をあげるためには競技に特化したトレーニングを行う必要がある。体づくりを目標とする場合、ベンチプレスとスクワット、デッドリフトの3種目のマックス向上だけをめざすトレーニングサイクルを設けることなど、おそらくほとんどないだろう。しかし、これら3種目に特定的に重点をおくトレーニングを行うことは、筋力を強化するだけでなく、筋肉の密度や筋持久力も大きく高める効果をもたらす。
(2019年2月号)

『パーソナルトレーニング』最新号から

疲労の最新研究をパーソナルトレーニングに活かす
パート3

疲労研究の成果は、これまでの疲労回復対策、健康づくり対策を根底の部分で変える内容を含んでいます。その意味で、疲労研究に基づいた新たな健康づくりのサポート方法を構築することは、パーソナルトレーナーにとっての大きなビジネスチャンスになるものと考えられます。

前号に引き続き、梶本修身氏の3冊の本を題材に、疲労の最新研究を健康づくり、パーソナルトレーニングに活かすためのお話を、齊藤邦秀氏にうかがっていきます。(29号/2018年10月)

有限会社あほうせん

〒156-0043
東京都世田谷区松原6-23-12 2F

電話 03-6379-2510
FAX 03-6379-2588

SOCIAL MEDIA: