『マッスル・アンド・フィットネス』2019年2月号の掲載記事

12月 5th, 2018 マッスル・アンド・フィットネス

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2019年2月号(1月10日発売)

■体づくりに取り組む人は、パワーリフティング3種目(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)の筋力向上だけに目標を絞ったトレーニングを行うことはないかもしれません。しかし、これら3種目を重点的に強化することは、筋力だけでなく、筋肉の密度や筋持久力も大きく高める効果をもたらします。この観点から体づくりに役立つプログラムを紹介しているのが、「パワーリフティングで大きく機能的な筋肉をつくる」です。パワーリフティング入門レベルといえる10週間プログラムについて解説しています。

■チンニングにはグリップを変える以外にも、さまざまな方法があります。「背中のトレーニングに変化をつける チンニングの6つのバリエーション」では、インターネットでも話題の自重エクササイズのエキスパートが、チンニングの新鮮味たな方法を難易度別に紹介しています。

■サスペンショントレーナー(TRXなど、体を吊り下げた状態でトレーニングする器具)のトレーニングは、重力と自分の体重だけを使いながらさまざまな方法で筋肉を刺激することができます。「筋量アップにも刺激的 サスペンショントレーナーの威力」では、機能的な体をつくるだけでなく、筋肉づくりにも効果をあげるトレーニング方法を解説しています。

■トレーニングの成果があがっていないのに、そのまま続けてしまっていることは、よく起こりがちです。「なぜ成果があがらない? 陥りがちな6つの間違いと、停滞から脱出する6つの方法」では、問題を招く6つの原因と、その解決法をアドバイスしています。

■「一つの器具でトレーニングする」シリーズで今回取り上げるのは、メディシンボールです。さまざまな筋群が複数の動作面で鍛えられるツールで、体幹トレーニングだけでなく、筋力、パワー、コンディショニンングの向上、脂肪燃焼など、さまざまな効果が得られる30分と15分のプログラムを紹介しています。

■大きくたくましい腕を手に入れるためには、上腕の筋量の3分の2を占める上腕三頭筋の強化が欠かせません。「上腕三頭筋を大きく成長させる5つのユニークなエクササイズ」は、動作方法に小さな変化をつけることで大きな効果が得られるバリエーション種目について解説しています。

■2018年のフィットネス、スポーツの分野でも、世界中の人々に感動や励ましを与える、さまざまな活躍が繰り広げられました。今月号ではオリンピアやプロスポーツなど、本誌米国版編集部が選ぶ18の“快挙”を紹介しています(「2018年フィットネス&スポーツ界の“快挙”を振り返る」)。

*  *  *

そのほか、セレブのトレーナーとしても人気のIFBB男子フィジークプロによる「理想の三角筋をつくるレジェンド流アプローチ」や、見過ごされがちなボディパートに焦点を当てた「カーフの成長を引き出すルーティン」、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。