『マッスル・アンド・フィットネス』2018年11月号の掲載記事

10月 10th, 2018 マッスル・アンド・フィットネス

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年11月号(10月10日発売)

■今月号の特集は、「30日間スクワットチャレンジ」です。エクササイズの王者といわれるスクワットは、筋量を増やす効果も、下半身の筋力とパワーを強化する効果も最強の動作です。このNo.1エクササイズを1カ月にわたって毎日行うという、「短期集中チャレンジプログラム」を紹介しています。スクワット以外のエクササイズや、筋肉づくりのホルモン分泌にも効果がもたらされるプログラムです。
■トレーニングの成果を最速で得るためのカギは、基礎を確実に習得しておくことです。時間がかかるように思えて、結局はこのことこそがムダなく進歩を続け、ケガも防いで後々まで成果をあげ続けていくためのカギとなります。「初心者が基礎をかためるためのベストエクササイズ」ではこの考えにもとづき、初心者段階で身につけておくべきポイント(動作テクニックや、体のポジショニングなど)、基本の動作パターン8種目について解説し、それらを含む4週間プログラムを紹介しています。
■「一つの器具でトレーニングする」シリーズは、今回はレジスタンスバンド1本だけで行うルーティンです。レジスタンスバンドといえば、ケガからのリハビリや可動性向上といったコンディショニング目的で使われるのが一般的ですが、ここでは筋量・筋力を高めるための30分と15分のプログラムを解説しています。
■ストロングマン競技のトレーニングは筋力を高めるだけでなく、持久力を高める、体脂肪を落とすといった効果もあります。こうしたさまざまな効果を持つトレーニングを、特別な器具を使わず、一般のジムでも行える方法で紹介しているのが「8週間ストロングマントレーニング」です。全身をターゲットとして、筋力も筋量も、コンディショニングも高めるプログラムです。
■脂質を大量に摂りながら体脂肪を落とすという、ケトジェニックダイエットが注目を集めています。徹底した食事制限とは無縁で、脂質をたくさん摂りながら引き締まった体をつくる。そんな夢のようにも思える食事法について、効果をあげる理由とともに、レシピも紹介しています(「高脂肪食で体脂肪を落とすケトジェニックダイエット」)。
■本誌創刊者、ジョー・ウイダーの生涯と功績を描いた伝記映画『Bigger』がこの秋、アメリカで公開されます。ウェイトトレーニングは体に悪いとされた時代に確固たる信念、壮大なビジョンを持って、その意義を提唱し続けたウイダー。現代にいたるフィットネスの時代を切り拓いていった革新者の強い思いが描かれている作品です(「映画『Bigger』公開を前にして」)。
*  *  *
そのほか、基本のカール動作のみで鍛える「基本種目で大きな上腕二頭筋をつくるルーティン」や、WWEの歴代スーパースターのなかでも最強とされる選手たちを取り上げた「WWEスーパースターのトレーニング」はじめ、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。