『マッスル・アンド・フィットネス』2018年10月号の掲載記事

8月 31st, 2018 マッスル・アンド・フィットネス

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年10月号(9月10日発売)

■今月号の『自宅でもできるシックスパックへのアプローチ」で紹介するのは、この記事に登場するフィットネスモデル、ロニー・ピサーロの見事な腹筋をつくったルーティンです。初心者から上級者まで、難易度別の3種類のプログラムで腹筋全体をしっかりと刺激することができます。
■ウォームアップはトレーニングの必須要素ですが、中枢神経系を活性化させることによって、その効果をさらに高めることができます。「ウォームアップの新戦略」では、プライオメトリックエクササイズを使って中枢神経系の働きを高め、脳と筋肉の連携を強化してパフォーマンス向上を引き出す方法について解説しています。
■「一つの器具でトレーニングする」シリーズで今回取り上げるのは、ケトルベルです。全身を効果的に鍛え、シンプルさが身上という、この器具の利点を十分に活かした、ケトルベル1個だけで行う30分と15分の2種類のルーティンです。時間もトレーニング器具も十分にないという人に最適のプログラムです。
■丸みのある大きく盛り上がった肩をつくる確実な方法となるのが、プレスやロウ、レイズといった肩の基本種目です。「基本種目で大きな肩をつくるルーティン」では、それらの効果をさらに高めるバリエーションを取り入れ、広く厚みのある大きな肩をつくる方法を解説しています。
■「エキスパートが選ぶ上腕三頭筋のベストエクササイズ」では、筋量増加や筋力強化、自重で鍛える場合、仕上げのエクササイズなど、それぞれに適した一押しの種目について、エキスパートが解説しています。
■筋力や筋量だけでなく、スピードやスタミナ、動きなど、より多面的な向上を求める傾向は、体づくりだけでなく、米軍のトレーニングにも見られます。徹底して追い込む鍛錬法だけでなく、苛酷で多様な状況に瞬時に反応する、より強靭で高い身体能力を持つ体をつくること……。「戦場にも対応できる体をつくる」では、そうした米軍トレーニングにヒントを得たプログラムを紹介しています。筋力、スピード、スタミナ、そしてサイズも高める12週間プログラムです。
■今月号の表紙を飾るドウェイン・ジョンソン。今やハリウッドの稼ぎ頭となったジョンソンですが、彼自身、その“ルーツ”を忘れることはありません。子どもの頃から父親に連れられてジムに通い、学生時代はフットボールに打ち込んだジョンソンにとって、トレーニングは生きる基本であり、指針を与えるものとなっています。そのジョンソンのトレーニング、生き方を「ドウェイン・ジョンソンに学ぶトレーニング、人生の知恵」でお届けしています。16の「ロックの格言」も必見です。
*  *  *
そのほか、「腸の問題を解決するために知っておきたい「FODMAP」の知識」や「ダイエットを成功させるための5つの戦略」はじめ、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。