『マッスル・アンド・フィットネス』2018年8月号の掲載記事

7月 3rd, 2018 マッスル・アンド・フィットネス

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年8月号(7月10日発売)

■新シリーズ、「一つの器具でトレーニングする」の2回めでお届けするのは、「ダンベルだけで行うルーティン」です。使うのはダンベル1個という条件を逆に活かし、ユニラテラル動作(片側ずつ動作を行う)や左右非対称に負荷をかけるトレーニングで鍛える方法を紹介しています。1回わずか30分と15分のルーティンで、機能的筋力や爆発力を高めることができます。
■前号でお届けした「2018ロックハード・チャレンジ」のPart2となる今回は、後半4週間のプログラムで最後の追い込みをかけ、これまでで最高の体をめざしていきます。新たな種目や強度を高めるさまざまな方法などが盛り込まれた、ハードな4週間プログラムです。
■大きく発達した肩と背中から、細く絞り込まれたウエストへとつながる逆三角形の体。その憧れの体をつくる方法について、見事な逆三角形の体で注目を集める新進フィジークプロ、ジェレミー・ポトビンが解説します(「理想の逆三角形の体を追求する」)。
■場所をとらず全身を効果的に鍛えることができるシンプルなトレーニング器具として人気を高めているのがケトルベルです。このケトルベルの効果を存分に活かしたプログラムを、「体の引き締め効果抜群! 3種類のケトルベル・サーキット」で紹介しています。消費エネルギーを高め、引き締まった体をつくるサーキットプログラムです。
■睡眠の重要性がさまざまな点で強調されていますが、筋肉づくりにおいても、睡眠は成果をあげるための最重要要素としてあげられるものです。睡眠不足が体づくりにもたらす影響について科学的に解説するとともに、睡眠の効果を体づくりにも健康増進にも役立てるための方法を「最高の睡眠をとるための12のアドバイス」で解説しています。
■現在のスポーツ界で大きな問題となっているのが、ステロイドなどの薬物の使用です。「アメリカが直面するステロイド問題」では、この深刻な問題に対し、各分野のエキスパートたちの率直な意見を取り上げています。
*  *  *
そのほか、7人制ラグビーの話題のスターを取り上げた「世界最速のラグビー選手、カーリン・アイルズ」や、さまざまなレベルの人に効果をあげるプログラムづくりのポイント(「自分に合ったプログラムの見つけ方」)、「ディローディング」の取り入れ方(「成果をあげ続けていくために負荷を落とす」)はじめ、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。