『マッスル・アンド・フィットネス』2018年7月号の掲載記事

6月 4th, 2018 マッスル・アンド・フィットネス

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2018年7月号(6月10日発売)

■今月号の特集は、過去最高の体を手にするための8週間プログラム、「2018ロックハード・チャレンジ Part1」です。毎年、趣向を変えてお届けする、本誌恒例のプログラムの2018年版は、筋肉づくりの効果の高いエクササイズを、脂肪燃焼効果の高い強度のサーキットトレーニングで行う手法をとっています。本気で打ち込む覚悟が求められるチャレンジングなプログラムです。
■今月号からスタートする新シリーズ、「一つの器具でトレーニングする」の1回めは、「プレートだけで行う3種類のルーティン」です。しっかりと鍛えたいが、時間も器具も不足している……。そんな悩みを解決するシリーズ企画です。第1回の今回は、高強度でファンクショナル(機能的)な動きが強化され、プレート1枚だけで全身の主要筋群すべてが強化される方法を紹介しています。
■広い肩、細く絞り込まれたウエスト、筋量豊かな脚。そんな強く大きく、たくましい「X」字のような体形をさすのが、「Xフレーム」という言葉です。筋肉がしっかりとついて引き締まった、流れるような美しいラインを持ち、さらに圧倒的な筋力も発揮できる体。「“X-メン”の体をつくる」では、そんな体をつくるボディパート別プログラムとともに、トレーニングのポイントを解説しています。
■男子フィジークプロ、ニーマイ・デルガドは、「生まれてから一度も肉を口にしたことがない」ベジタリアンです。動物性たんぱく質を摂らなければ大きな体はつくられない。そんな通念を変える存在として注目を集めるデルガドの取り組み、そして完全菜食主義で初のオリンピア出場をめずざすトレーニングと食事法を「菜食主義で素晴らしい体をつくる」で紹介しています。
■世界的大ヒットを放ち続けるマーベル映画の最新作、『デッドプール2』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場するジョシュ・ブローリン、セバスチャン・スタン。現実を超えるスーパーヒーローを演じるためには、それにふさわしい、ファンの期待を裏切らない体が求められます。「スーパーヒーローの体をつくる」では、この2作品出演に向けたブローリン、スタンそれぞれの体づくりのプログラムを、トレーナーの解説ともに紹介しています。
*  *  *
そのほか、1日をパワフルにスタートし、体づくりを支える朝食のアイデアレシピ(「おいしさと栄養バランス 朝食の三つ星メニュー」)、筋力強化をグループトレーニングで行う新たな手法「TPSメソッド」はじめ、フィットネスの最新の話題をお伝えする「TRAIN」「EDGE」、トレーニング・栄養摂取・サプリメント最新情報など、体づくりに役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。