Monthly Archives: 11月, 2017

『マッスル・アンド・フィットネス』2017年12月号の掲載記事

11月 8th, 2017 Posted by マッスル・アンド・フィットネス 0 thoughts on “『マッスル・アンド・フィットネス』2017年12月号の掲載記事”

 

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2017年12月号(11月10日発売)

■今月号では、「トレーニング効率と強度を上げる重要メソッド バーベルコンプレックス・トレーニング パート1」として、バーベルを使って行う「コンプレックストレーニング」の前編をお届けしています。「バーベルコンプレックス」は非常に強度が高く、またさまざまな目的に対応するプログラムを作成できるトレーニング手法です。今月号のパート1では、「上半身の筋肥大」「下半身の筋肥大」「全身の持久力強化」の3つの目的別のトレーニングについて、プログラムの作成法、取り入れ方を紹介しています。<br>
■「64日でサイズを大幅に増やす!」では、筋量を増やし、筋力も高める、約2カ月わたるハイボリュームのプログラムを取り上げています。体脂肪を増やさずに筋量と筋力を高めていくためのポイントも紹介しています。<br>
■膝の不具合は、トレーニングを続けていくうえで大きな問題となります。この問題に対処し、成果をあげていくための方法を、「膝の痛みを引き起こさずに脚を鍛える方法」で取り上げています。ケガを防ぐための基本知識、膝の問題に対処しながら下半身を鍛えていくためのエクササイズの選択などをについて解説しています。<br>
■筋肉づくりの重要ホルモンであるテストステロン、成長ホルモンは、体内の生成レベルが30代から低下し、それによって筋量減少や体重増加などの問題を招きやすくなります。「若さを保つための3つの戦略」では、これら重要ホルモンの低下に対処し、若々しく生きるためのカギとなる3つ方法について解説しています。<br>
■連載「『このルーティンが効く!』レベルアップ編」の今月のターゲットは、胸です。胸のトレーニングの基本エクササイズの組み合わせに、わずかな変化を加えるだけで効果を一新するルーティンを紹介しています。<br>
■最近はウェイトトレーニングにサーキットトレーニングの形式を取り入れたプログラムが増えてきています。「サーキットトレーニングを筋肉づくりに活かす」では、このトレーニングを筋肉づくりに活用する方法やプログラムについて解説しています。<br>
■いわゆる「バルクアップ」という方法で体を大きくすると、実際に増えているのは筋肉よりも体脂肪のほうが多いというマイナス面も生じてしまいます。さらにトレーニングレベルが上がるほど、筋肉を増やすのはより難しくなる。「サイズアップの真実」では、こうした「事実」をふまえ、体脂肪ではなく筋肉で体重を増やすための知識について、最新の情報にもとづいて解説しています。<br>
*  *  *<br>
そのほか、ソーシャルメディアのフォロワーが900万人に上る「インターネットから生まれたフィットネス界のスター、シメオン・パンダ」(今月号の表紙)や、IFBBビキニプロが教える「1日を変える朝の30分間プログラム」、フィットネスの最新の話題・注目の情報などをお届けする「TRAIN」「EDGE」「EAT」はじめ、トレーニング、栄養・サプリメント摂取などに関する役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。<br>