『マッスル・アンド・フィットネス』2017年9月号の掲載記事

8月 4th, 2017 マッスル・アンド・フィットネス

『マッスル・アンド・フィットネス』内容紹介 2017年9月号(8月10日発売)

■筋肉がしっかりとついたたくましい上体をつくるためには、ショルダープレスやベンチプレスといったプレス種目が欠かせません。しかし、肩関節が関わるこうしたエクササイズは、不適切な方法で行えば肩を傷め、マイナスの結果を招くことにもなります。今月号の「肩の痛みを引き起こさないプレス種目選び」では、肩関節を傷めずに上体をしっかりと鍛え上げるための基礎知識、一般的なプレス種目に代わる効果的な代替エクササイズを紹介しています。
■「タイム・アンダー・テンション」とは筋肉が緊張している時間を意味し、この時間が長いほど成長を引き出す可能性が大きくなるので、サイズアップのテクニックとしても用いられています。「成長のカギをにぎるタイム・アンダー・テンション・トレーニング」では、特定の「テンポ」(ウェイトを上げる、下ろすなど動作の各局面にかける時間)を活用したトレーニング法によって、筋の緊張時間を延ばし、成長をうながすプログラムを紹介しています。
■わずかな違いが大きな成果につながることはいろいろありますが、「小さな変化で、大きな成果を」では34のエクササイズについて、動作方法に小さな変化を取り入れることで効果を大きく高める方法を取り上げています。
■スクワットは“エクササイズの王者”といわれる最重要エクササイズの一つですが、基本のバーベル・バックスクワット以外の方法をとるほうが効果をあげることもあります。「スクワットの効果を高める6つのバリエーション」では、バーベル・バックスクワットに代わる6つの方法とその取り入れ方を解説しています。スクワットの効果を十二分に得ることができるバリエーションです。
■連載「『このルーティンが効く!』レベルアップ編」の今回のターゲットは、「三角筋」です。プレス、ロウ、レイズという基本の3種目のみで三角筋を徹底して鍛え、広く厚みのある肩をつくる方法を取り上げています。
■今月号の表紙を飾るのは、『エクスペンダブルズ』などのアクション映画やアメリカでは人気テレビドラマなどで多くのファンを持つテリー・クルーズです。NFLプレーヤーから俳優の道に進み、常にポジティブな姿勢で目標を現実にしてきた生き方、そして48歳の素晴らしい体とトレーニングを、「テリー・クルーズ:すべては“決意”から始まる」で紹介しています。
*  *  *
そのほかトップトレーナーが解説する肩を大きくレベルアップするプログラム(「肩のY3Tプログラム」)や、開催直前の2017年オリンピア情報(「2017年オリンピアウイークエンド」)、1食分でたんぱく質50gが摂れるサラダレシピ集(「たんぱく質たっぷり! 筋肉づくりのためのパワフルサラダ」)、さらにフィットネスの最新の話題・注目の情報などをお届けする「TRAIN」「EDGE」「EAT」はじめ、トレーニング、栄養・サプリメント摂取などに関する役立つ記事を多彩な内容で紹介しています。