トレーニングは、自分のカラダとの対話。
そこには常に新しい発見がある──。
そんなコミュニケーションのお手伝いを
させていただければと、考えています。

月刊『マッスル&フィットネス』

健康で活力あふれる体をつくる!

月刊『マッスル・アンド・フィットネス』は、アメリカ発・世界40カ国で出版されている世界最大級のメジャー・フィットネス誌です。
フィットネス先進国アメリカの最新情報を中心に、科学的根拠に基づいたトレーニング法、正しい食事の摂り方などの情報が満載です。
健康で活力あふれる体を自分でつくりあげる「フィットネスライフ」を提案しています。

電子版『パーソナルトレーニング』

講習会数本分以上の中身が詰まっています!

アメリカではこの20年ほどの間に確立されてきたパーソナルトレーナーという仕事が、いま日本で急速に広がりつつあります。体づくりを中心としたフィットネスをクライアントに対して「1対1」の関係で指導(サポート)する新しいプロの仕事です。そして、急速に広がるなかでいま必要とされているのが、指導の現場で活用できるプロの“仕事術”です。『パーソナルトレーニング』は現在パーソナルトレーナーとして一線で活躍するプロの仕事をさまざまな角度から取り上げ、紹介していきます。これからパーソナルトレーナーを目指す人にとっても役立つ、プロの仕事を身につけるための情報をお届けします。

単行本のご紹介

一般向けから専門分野まで

  • スポーツのパフォーマンスを高めるため
  • 筋力トレーニングを合理的に行うため
  • 腰痛をトレーニングで改善するため‥‥‥

などなど、トレーニング関連のさまざまな単行本も発行しています。最新刊は、上記の『世界のトップアスリートの身体能力を子どものときに身につける』(森川靖著)です。

本のご購入は、オンライン書店で

当社の雑誌・書籍のご購入については
Amazon、Fujisanがおすすめです。

『マッスル・アンド・フィットネス』最新号から

大幅サイズアップへの新たなアプローチ
8週間ピリオダイゼーションプログラム
パート1

サイズアップのプログラムというと、重いウェイトを使い、レップ数を減らす方法をとるのが一般的だ。これはもちろん、筋量を増やすための効果的な方法だが、最大限の成果が期待できるというわけではない。『Journal of Strength and Conditioning Research』誌に掲載された、15件の研究について詳しく調べた研究で、筋量を増やす効果が最も高かったのはピリオダイゼーションの手法をとる場合だったことが示されている。つまり、周期的に重点となる目標を変えていく方法を用いるほうが、重いウェイトを使い続けるプログラムよりも、筋量を増やす効果が高かったのだ。
(2018年1月号)

 

 

『パーソナルトレーニング』最新号から

重要な病気予防のためにパーソナルトレーナーができること
パート1

健康のために「1日1万歩」は適切か?  今回の特集は、がんや心疾患、脳卒中、認知症など、重要な病気予防のために、どのような運動をすればいいか(具体的には、どのくらいの歩数を、どれくらいの運動強度で歩けばいいか)についての研究成果を解説した本を題材に、齊藤邦秀氏のお話をうかがっていきます。  この研究は、約5000人を対象に、15年間調査した大規模研究で、世界的に注目され、評価された研究です。(23号/2017年10月)

有限会社あほうせん
〒156-0043
東京都世田谷区松原6-23-12 2F
電話 03-6379-2510
FAX 03-6379-2588
SOCIAL MEDIA:

      

トレーニングは、自分のカラダとの対話。
そこには常に新しい発見がある──。
そんなコミュニケーションのお手伝いを
させていただければと、考えています。

月刊『マッスル&フィットネス』

健康で活力あふれる体をつくる!

月刊『マッスル・アンド・フィットネス』は、アメリカ発・世界40カ国で出版されている世界最大級のメジャー・フィットネス誌です。
フィットネス先進国アメリカの最新情報を中心に、科学的根拠に基づいたトレーニング法、正しい食事の摂り方などの情報が満載です。
健康で活力あふれる体を自分でつくりあげる「フィットネスライフ」を提案しています。

電子版『パーソナルトレーニング』

講習会数本分以上の中身が詰まっています!

アメリカではこの20年ほどの間に確立されてきたパーソナルトレーナーという仕事が、いま日本で急速に広がりつつあります。体づくりを中心としたフィットネスをクライアントに対して「1対1」の関係で指導(サポート)する新しいプロの仕事です。そして、急速に広がるなかでいま必要とされているのが、指導の現場で活用できるプロの“仕事術”です。『パーソナルトレーニング』は現在パーソナルトレーナーとして一線で活躍するプロの仕事をさまざまな角度から取り上げ、紹介していきます。これからパーソナルトレーナーを目指す人にとっても役立つ、プロの仕事を身につけるための情報をお届けします。

単行本のご紹介

一般向けから専門分野まで

  • スポーツのパフォーマンスを高めるため
  • 筋力トレーニングを合理的に行うため
  • 腰痛をトレーニングで改善するため‥‥‥

などなど、トレーニング関連のさまざまな単行本も発行しています。最新刊は、上記の『世界のトップアスリートの身体能力を子どものときに身につける』(森川靖著)です。

本のご購入は、オンライン書店で

当社の雑誌・書籍のご購入については
Amazon、Fujisanがおすすめです。

『マッスル・アンド・フィットネス』最新号から

トレーニング効率と強度を上げる重要メソッド

バーベルコンプレックス・トレーニング
パート1

トレーニングの効率を上げ、強度を高く保って行うためには、効果の高い基本のエクササイズを選択することが重要だ。つまり筋肉を最も効果的に動員し、効率的な動作が行えるエクササイズということだ。そして休息時間を短く抑え、心拍数を高く保つようにする。
こうした点をすべてカバーするのが、「バーベルコンプレックス」といわれるトレーニング手法だ。
「コンプレックストレーニング」は1種類の器具だけを使い(通常バーベルやダンベル、またはケトルベルなど)、サーキット形式で行う方法をとる。つまり、複数のエクササイズを休息時間をはさまずに連続して行う。
今月号のパート1では、自分の目的に応じたコンプレックストレーニングの組み立て方、そして3種類の目的別プログラム(「上半身の筋肥大」「下半身の筋肥大」「全身の持久力強化」)について解説していこう。(2017年12月号)

『パーソナルトレーニング』最新号から

重要な病気予防のためにパーソナルトレーナーができること
パート1

健康のために「1日1万歩」は適切か?  今回の特集は、がんや心疾患、脳卒中、認知症など、重要な病気予防のために、どのような運動をすればいいか(具体的には、どのくらいの歩数を、どれくらいの運動強度で歩けばいいか)についての研究成果を解説した本を題材に、齊藤邦秀氏のお話をうかがっていきます。  この研究は、約5000人を対象に、15年間調査した大規模研究で、世界的に注目され、評価された研究です。(23号/2017年10月)

有限会社あほうせん
〒156-0043
東京都世田谷区松原6-23-12 2F
電話 03-6379-2510
FAX 03-6379-2588
SOCIAL MEDIA: